変わりゆく広告の手段

人はお店で商品を買います。それもセール品です。

その情報を知るには広告が必要になります。広告代理店の仕事は、情報を売るのではなく商品を買ってもらうことです。

それが出来なければ、広告費がすべて無駄になります。

昔は新聞や雑誌、ポスターなどで広告を掲載していました。

人の目を留めるには、一面に広告を載せるのが効果的だからです。

それにより、好奇心をあおり注意を引きます。

しかし、近年その手段の効果が薄くなっています。

それは、ネットが普及したからです。

ネットなどでたくさんの情報を調べられ、紙媒体の必要性が減少しています。

なにより、従来の広告とネット広告では費用も違います。

紙面で作る広告などは、利益を出さなくては時間と広告費のすべてに損失がでます。

しかし、ネット広告は違います。

ネット広告は24時間働き、プログラムのスキルと売る技術があれば利益を出せます。

広告費もさほどかからず、多くのユーザーの目にも留まります。

誰でも広告を作れるこのネット社会に、広告代理店も方針を変えるか否か迷うはずです。

関連記事