ベンチャー企業関連ニュース

近年ベンチャー企業がニュースなどで注目されています。ベンチャー企業とは、 新しい技術や高度な知識で、大企業には実現出来ない革新的な経営をしている企業のことを指します。1990年以降に生まれた企業が多く、最初は小規模でしたが、いつの間にか爆発的に大きな企業になっている会社もあります。

学生が就職活動をするときには未だに大手企業が選ばれやすくなっており、ベンチャー企業はあまり選ばれることはありません。

ベンチャーが選ばれにくいのは大企業の方が安定しているという根拠なき話です。歴史と名前があるのだから大企業は潰れにくいと考えられています。ですが、実際には大企業であっても倒産したり、吸収合併したり、外国の企業に買い取られたりと様々なことが起こっており、決して大企業だからといって安心ということはありません。一方でベンチャーの方は、割と手堅く経営をしている所もあり、倒産せずに残っています。このように考えると安定しているのはもしかしたらベンチャー企業ではないかと考える人も10人中2,3人はいるかもしれません。

ベンチャーが安定している理由は、時代の流れに応じて形を変えていくことが出来るからです。元々少人数でスタートしてせいぜい10年から15年程度しか経過していないところではまだ組織が柔軟であることから、その時代に合わせて組織や主力商品、ビジネスの方向性も変えやすく時代に合わせやすいのです。ですが、大企業は身動きが取りにくくなっています。