いまとむかしの広告代理店の違いについて

近年は時間の流れが大きく変わりやすくなっています。

時間は今も昔も同じスピードで過ぎて言っていることには間違いありません。大人になると時間が早く感じるという主観はあるものの、時間自体は今も昔も変わらず同じスピードで流れていっているのです。

ただ、間違いなく変化しやすくなった時代になっています。

時代が変化しやすくなったことで、広告代理店もずいぶんと変化を遂げてきました。

かつての代理店は、放っておいても仕事が舞い込んでくるため、高飛車な態度をとるところが多かったのです。

ですが、20年もするうちに大きく広告代理店を取り巻く環境も変わってきました。

当時は当たり前のように顧客を見つけることが出来ていた代理店も不況の営業で広告代理店を利用する顧客自体が減少して来たのです。

それと同時に、広告代理店ではないマーケティングのプロが顧客の獲得に成功し、あぐらをかいている場合ではなくなって来ました。

最近の傾向としては、顧客獲得のため専門分野の開拓などを主に行っています。

出来るだけ競合他社の少ないオーシャンを見つけて、その分野の知識を専門的に扱うお店として存在し、かなり絞り込みをする形で他の代理店とも競合しないように専門分野も作っていきます。

また、顧客に対する態度も、向こうから来て当たり前という考え方から、顧客を呼び寄せるかという考え方にシフトして行ったのです。

このように、広告代理店は今と昔では大きな違いがあるのです。

next page...変わりゆく広告の手段

関連記事