広告代理店の存在価値

広告代理店の存在価値とは何でしょうか。広告代理店とは企業の広告を作り、売上げを伸ばすのが役割になっています。

近年の傾向で言えば、不況の影響で好景気の頃に比べるとお金を使いたがる人が少なくなってきました。

そうすると、昔のようにチラシをまいたとしてもあまり集客をすることが出来なくなってきたのです。

景気のいい頃、例えば会員制ビジネスでは500枚チラシをまけば数人が反応し、そのうちの1人が会員登録をするぐらいの割合でした。

ですが、最近の傾向としては3,000枚チラシをまいてようやくチラシに反応する人が数人現われ、その中の1人ぐらいが会員になると言うぐらいの確率です。

昔に比べると経費が単純に5倍から6倍かかることになるため、そのまま従来通りの経営を続けていけばやがて倒産する危険もあるのです。

ここで、広告代理店を活用することで、より効率的な集客をすることが出来る可能性があります。

例えば、広告代理店が提案する集客方法の一つはインターネットになります。

インターネット上に広告を出すことで、その業界があまり行っていない手法で集客をすることが出来るようになるのです。

また、中小のクライアントかあるいは市場の小さな媒体を見つけてそこで広告を出すことで、集客をして行きます。

まだ誰も競合がいないブルーオーシャンを見つけることは容易ではありませんが(普通は見つからない)、競合が少ない所なら見つければまだたくさんあります。

next page...広告代理店に依頼して売り上げが伸びる仕組み

関連記事